このエリアは、「ホーム以外::本文上」ウィジェットでカスタマイズできます。
キャンペーンや特別なお知らせを掲載することができます。

「ratio_3_2」の世界へようこそ!

baserCMSは、無事インストールできましたか?
さっそくウェブサイトを作りはじめましょう、と言いたいところですが…
ウェブサイトには最低限、どんな情報が必要か、わかっていますか?

まずはブラウザを閉じて、以下の素材の調達をはじめましょう。

ウェブサイトの基本情報

ウェブサイトの名前

企業名・店舗名・団体名など。

ウェブサイトのロゴ

このテーマは文字あり・マークだけ・ロゴなし、どれでも構いません。高さ70ピクセル位の画像を用意してください。

メールアドレス・住所・電話番号

ウェブサイトに連絡先は必須です。店舗なら、地図を表示するための正確な住所も必要です。

検索サイトに関する情報

ウェブサイトの正式な名前

ウェブサイト名の前に、よく検索される言葉を2・3個、半角スペースでつなげます。
たとえば作者のウェビングスタジオのサイトでは、「CMSのウェビングスタジオ | 札幌 北海道 CMSカスタマイズ ウェブ制作 技術サポート」となっています(2018年5月現在)。

ウェブサイトの説明文

ウェブサイト名で検索したときに、表示される説明文を決めます。こちらにもよく検索されそうな言葉を含めてください。
一般に、120文字前後が良いと言われています。

なお、baserCMSには「キーワード」を設定する項目がありますが、現在はほとんど検索サイトでは参照されていないため、空欄で構いません。

SNSのアカウント情報

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)のアカウントはありますか?

ひとつもない!?
Twitter・Instagram・LINE@・YouTubeチャンネルのどれかを、今すぐ用意しましょう!

専門職ならTwitter、若い人との交流が多いならLINE@、きれいな写真や動画をたくさん配信できるなら、InstagramやYouTubeがおすすめです。
アカウントを取得したら、メインページのURLをコピーして、控えてください。

キャッチコピー

ウェブサイトの最も重要な写真

最低、2枚だけでも用意しましょう。
これから調達する場合は、どんな写真にするかだけでも考えましょう。有料(ここ大事)の写真素材、店舗の外観・内装、看板メニューのアップ、ステージの写真、スタッフの笑顔など。

写真の見出し・添える説明文

このテーマは、それぞれの写真に「見出し」と「説明文」が必要です。特定のページへ移動させることもできます。
自分の店舗・団体の「強み」を表す「決めゼリフ」を考えておきましょう。


素材集めって、大変ですね。
だいたい集まったら、「ratio_3_2」テーマの初期設定に入りましょう。